ダニ捕りロボのサイズにはどんなのがあるの?使い分け方は?

ダニ捕りロボは、いろいろなところに安心して設置できるダニ退治アイテムです。

 

ですが、設置場所に対して小さすぎるとあまり効果がでなそうですし、大きすぎてももったいないですよね。

 

ダニ捕りロボのサイズはどのように選ぶのがいいんでしょうか。

 

 

◆ダニ捕りロボのサイズは2種類

ダニ捕りロボのサイズにはどんなのがあるの?使い分け方は?

 

そもそも、ダニ捕りロボにはどんなサイズがあるのかというと、2種類のサイズに分かれています。

 

通常サイズであるレギュラーと、大きめサイズのラージです。

 

場合にもよりますが、レギュラーサイズはシングルベッド・ベビーベッド・ソファ・押入れ・子供用ベッドなどに1つずつ使用するのが適しているといえます。

 

これよりも大きい場所に使用したい場合は、ラージサイズを選ぶのが良いでしょう。

 

ダブルベッドやたたみ、カーペット、ラグマットなどの大きめの場所にはラージサイズが適しています。

 

ダブルベッドに対してレギュラーサイズ1つのみという使い方だと、本来の効果が十分に発揮されないことがありますので、気をつけてくださいね。

 

ダニ捕りロボは小さくて非常に薄いため、他にもダニを駆除したい食品庫など、さまざまな場所に設置することができます。

 

 

◆ダニ捕りロボの設置方法は?

 

ダニ捕りロボの設置はどのように行えばいいんでしょうか。

 

ダニ捕りロボは、はじめは本体ケースと誘引マットが別々にしてあります。

 

まずは誘引マットを包装から取り出して、本体のソフトケースの中に誘引マットを入れます。

 

付属されている日付シールに設置日を記入して、本体に貼りつけましょう。

 

ダニ捕りロボの有効期限は3か月なため、この設置日を目安として3か月で取り換えるようにします。

 

本体ケースごと、設置したい場所に置けば完成です。

 

あとは、ダニ捕りロボ内の誘引剤と水分を吸着するセラミックにより、ダニを引き寄せて退治することができます。

 

退治したダニの死骸はマットに閉じ込められるため、使用期限が過ぎたらマットを捨てるだけで死骸の処理まで完了することができます。

 

ダニ捕りロボの本体ケースは、誘引マットを取り換えることで何回も使用できるので、本体ケースごとうっかり捨ててしまわないように気をつけてくださいね。

 

 

◆食品庫などに置いても安全なの?

 

ダニを退治するダニ捕りロボを食品庫などに置くのは、殺虫成分などで身体に悪そうというイメージがないでしょうか。

 

ですが、ダニ捕りロボのダニ退治方法は「殺虫成分で退治」ではなく「ダニの身体の水分を吸い取って退治」なので、食品庫などに置いても全く問題はありません。

 

もちろん、布団に設置しても人体に影響はありません。

 

ダニが気になる場所に、心配することなく設置することができるダニ捕りロボで、ダニのいない快適な生活を過ごしてくださいね。

 

公式サイトはこちら!

ダニ捕りロボ

http://danitori.jp