ダニ捕りロボの効果的な置き方は?よりダニ捕り効果を生かすには!

ダニに悩まされている人たちに大人気のダニ捕りロボ。

 

せっかくのダニ捕りロボですが、使い方を誤るとせっかくの効果が感じられなくなってしまうことがあります。

 

ダニ捕りロボを効果的に使うために気をつけておきたいことを調べてみました。

 

 

◆ダニ捕りロボでダニが捕れないときは?

ダニ捕りロボの効果的な置き方は?よりダニ捕り効果を生かすには!

 

ダニ捕りロボをせっかく設置したのにダニが退治できない!ということはあるんでしょうか。

 

口コミを見ると、イマイチ効果がないと感じている場合もあるようです。

 

 

<ダニ捕りロボ・効果なしの口コミ>
・寝ている間に刺されてかゆいので購入。設置したけれど2日後にはまた刺された。
・設置した初めの日に顔を刺され、1週間経ったがまだダニに刺されている。口コミがよかったので残念。
・ベッドのダニを駆除したいので買ったけれど1週間後に2回刺された。効果があるのかわからない。

 

 

ダニ捕りロボを設置したけれど効果がないと感じている口コミをピックアップしてみました。

 

せっかく設置したのに効果がないようだとがっかりしてしまいますが、効果がないと感じるのには、もしかしたら理由があるかもしれません。

 

ダニ捕りロボを効果的に使うにはどうするのが良いのかをみていきましょう。

 

 

◆ダニ捕りロボの効果を生かすには?

 

ダニ捕りロボを使用するうえで、覚えておきたいことをご紹介します。

 

 

<ダニ捕りロボには即効性はない>

 

ダニ捕りロボは、誘引剤を使ってダニをおびき寄せ、近づいてきたダニの水分を吸い取ることで退治するというアイテムです。

 

誘引剤効果でダニをおびき寄せることはできますが、強力に吸い付けるなどのものではありません。

 

従って、設置してすぐにダニがすべていなくなるということはまずありえないといえます。

 

70匹のダニが最終的に0匹になるという、第三者機関での試験結果がありますが、こちらも0匹になるまでは6週間ほどかかっています。

 

設置した日に刺された!というのは、ある意味では自然なことといえるのかもしれません。

 

 

<1度の使用では捕りきれないことがある>

 

ダニが多すぎる場合など、1度の使用(3か月)ではダニを捕りきることができない場合があります。

 

その場合、数は減っているかもしれませんが、ダニ自体はいるためやっぱり刺されてしまうといえます。

 

ダニ捕りロボは3か月ごとに交換し、しばらく継続してみるのがおすすめです。

 

継続するのには、公式サイトでの定期購入を利用すると商品価格も安くなりお得です。

 

 

<ダニ捕りロボを移動してはダメ>

 

「効果がないし場所を変えよう」と考えてしまう気持ちはわかりますが、ダニ捕りロボをあちこちに移動させていては、せっかくの効果が得られなくなってしまいます。

 

一度設置したら、そこでダニを退治してくれるのをじっくり待つことが大切です。

 

 

ダニ捕りロボの使い方についてご紹介しました。

 

ダニを退治するには、少し長い目で見て、ダニがいなくなるのを待ってみてくださいね。

 

公式サイトはこちら!

ダニ捕りロボ

http://danitori.jp