ダニ捕りロボをベッドに設置しよう。何かコツがある?

ダニ退治をしてくれるダニ捕りロボ。小さいお子さんがいる家でも危険性がなく、また効果が高いので人気を集めているんです。

 

さて、このダニ捕りロボ、さっそくベッドに設置してみましょう。より効果的にダニ退治ができるコツがあるのかも調べてみました。

 

 

 

 

 

☆ダニ捕りロボをベッドに設置

 

 

 

 

 

ダニ捕りロボをベッドに設置するには、まずベッドの大きさとダニ捕りロボのサイズを合わせなければなりません。

 

 

 

大きなダブルベッドの場合、ダニ捕りロボはラージサイズを使います。

 

レギュラーサイズだとダニをすべて退治するのが難しくなるかもしれません。

 

 

 

クイーンサイズやシングルサイズのベッドならレギュラーサイズがピッタリです。

 

 

 

じゃあ、子供用やベビーベッドは?

 

 

 

もちろんレギュラーで大丈夫ですよ。

 

 

 

 

 

では実際に設置するわけですが、

 

ダニ捕りロボはソフトケースと誘引マットがあります。

 

 

 

まずは、誘引マットをソフトケースに入れます。

 

そして日付シールもついているので、日付を記入して貼っておきましょう。

 

 

 

有効期間は使用開始から3か月ですから、日付を書いておくことは大切ですね。

 

 

 

 

 

ベッドに取り付けるときには、

 

足元側、そしてマットと布団の間に置くのがいいですよ。

 

 

 

 

 

☆より効果を発揮するためのコツは?

 

 

 

 

 

ダニ捕りロボを設置する前に、布団はきれいに洗っておいたほうが良いですね。

 

洗うのが難しければ、天日干しにしてパンパンはたいてほこりをとっておいたほうが、ダニのえさを減らすために効果的だと思います。

 

 

 

もっともこれもどこまで効果があるか?

 

ちょっと疑問なんですけどね。

 

 

 

でもきれいな布団にしかけておけば、えさのないダニはダニ捕りロボによってくることでしょう。

 

 

 

またダニが捕れやすい時期っていうのも関係しそうです。

 

一般的に暖かい時期、春から秋にかけての時期がダニが多く捕れるでしょう。

 

 

 

ただ、湿気の多い押し入れなどに入っている布団は年中、要注意ですね。

 

 

 

 

 

押し入れの中の布団のダニ退治をしたいときには、布団の下に設置するのがコツです。

 

ダニは暗い場所を好むのです。

 

 

 

 

 

ところで、ベッドや布団にだけダニがいるわけじゃないですよね。

 

そこだけ退治したとしても、他のところに住み着いていたら、ダニの被害は消えません。

 

 

 

特に多いのがリビングに敷いてあるカーペットやラグだといわれています。

 

ぜひともその大きさに合わせてダニ捕りロボを設置しましょう。

 

 

 

他にもソファーもなかなかダニが好む住処でもあるんですよ。

 

ソファの場合は革の場合は、ソファの下や隙間、

 

布の場合は隙間やクッションの下

 

そういったところにダニが潜んでいるので設置しましょう。

 

 

 

匂いもなく、設置するだけなので、楽ですし、

 

ダニのいない快適な生活を送れるようになりますよ。

 

公式サイトはこちら!

ダニ捕りロボ

http://danitori.jp